赤ちゃんの成長に合わせたベビー肌着・ウェアの選び方!

ベビー服を選ぶときはデザインも大切ですが、子供の成長に合わせた洋服の選び方をしなくてはいけません。ベビー肌着やベビーウェアは、肌触りがよく動きやすい、赤ちゃんに負担のかからないものを選ぶようにしてくださいね。

スポンサーリンク


0~3ヶ月のベビー肌着・ウエアの選び方

ベビー肌着・ベビーウェア・スタイ

 短肌着・長肌着・コンビ肌着
赤ちゃんの首がすわるまでは、着せやすいように前あきの短肌着、長肌着などを準備するようにします。おしっこやウンチがもれるなど、着替えることが多いので、6~7枚準備をしておくと安心です。
 ベビードレス・ロンパース
寝ていることが多い新生児の時期は、ベビードレスで足回りが冷えないように、カバーしてあげましょう。赤ちゃんが足を元気に動かすようになったら、ロンパースなどの動きやすいベビーウェアを選んであげましょう。
 スタイ・よだれかけ
よだれやミルクで汚れることが多いスタイ(よだれかけ)は、洗い替えのことも考えて、5枚ほど準備しておくと安心です。

4~6ヶ月のベビー肌着・ウエアの選び方

肌着・ロンパース・靴下・帽子

 ボディー肌着
この時期の赤ちゃんは、首がすわり寝返りができるようになりますので、着替えがラクにできるスッポリかぶるタイプの肌着を選ぶとよいでしょう。暑い夏は、ボディー肌着を1枚着せておくだけでよいので便利です。
 ロンパース
手足を活発に動かす時期なので、トップスとボトムスがつながっているロンパースなどのベビー服を選ぶと、赤ちゃんが動いてもお腹がでないので安心です!
 靴下・レッグフォーマー
散歩やお出かけがこれからの時期は多くなるので、足元が冷えないように靴下やレッグフォーマーで体温調節をしましょう。
 帽子
外出することが多くなるので、お出かけときは帽子をかぶらせて、赤ちゃんを日差しや寒さから守ってあげましょう。

7ヶ月~1歳のベビー肌着・ウエアの選び方

子供服・ベビーウェア

 子供服・トップス・ボトム
この時期の赤ちゃんは、お座りをしたりハイハイをしたり、何かと目がはなせず活発に動きます。じっとしていることができないので、Tシャツとズボンなど、トップスとボトムが別々の洋服を選ぶとお着替えがラクです。

ワンピースも着せやすくておすすめですが、ハイハイの時期なので膝を守るために、タイツやレッグフォーマーを履かすと安心です。靴下などには、滑り止め付のものが安全です!
 ベビーシューズ
歩き始めたら、赤ちゃんの足にぴったり合うシューズを選んであげましょう。

あると便利なベビーウェア!

カーディガンカーディガンは、1枚持っていると重宝する子供服です。

冬の寒さ対策や、夏の冷房の中の赤ちゃんの体温調節などに、カーディガンはさっと着せることができます。

赤すぐ雑誌の通販でも、ママ達からカーディガンはコーデしやすいし、着回しができるので1枚あると助かる!という方が多くいました。肌触りのよいカラフルなカーディガンを選んであげましょう。

【画等提供:Fun★cart】

赤ちゃんの成長に合わせたおもちゃの選び方!

子供の日常生活の中で、遊びは生活の中心であり大事な要素の1つです。おもちゃを使わない遊びはいくらでもありますが、おもちゃは遊ぶことだけでなく、五官を刺激したり体を動かしたりと、子供の能力を引き出してくれます。

おもちゃを購入するときは、子供の年齢や成長に合った選び方をしなくてはいけません。ここでは、おもちゃの選び方のポイントについてまとめています。

スポンサーリンク


おもちゃの選び方ポイント!

  • 子供にとって、自然な心地良い音 のおもちゃ
  • おもちゃの動きが早すぎず、バリエーションが幅広いもの
  • 子供がおもちゃを持ち上げたり、握ったり、投げたりしたときに、おもちゃに適度な重さがあり感触のいいもの
  • おもちゃの色が、バランスのとれたもの
  • 見た目に不快感や違和感のないもの
  • 丈夫で壊れにくい安全なもの
  • 壊れても直しやすいおもちゃ

年齢に合わせたオモチャの選び方!

子供は、0~3歳の時期に運動能力だけでなく、知能や五官も発達します。子供の成長にあわせておもちゃを選ぶようにし、子供の知能や能力をひきだしてあげましょう。また、子供の成長を日々観察して、ママも一緒になって子供と遊ぶことが大切です。

 0~3ヶ月の赤ちゃんに適したおもちゃ
おしゃぶり・メリー・モビール・ぬいぐるみなど
赤すぐネットのおもちゃ

赤ちゃんは、毎日のほとんどをベッドで過ごします。新生児でも使うことのできる軽いラトルやガラガラ、赤ちゃんがなめても安全なオモチャを選ぶようにしましょう。赤ちゃんは3ヶ月にもなると、目で物を追うようになります。明るくてはっきりした色、明るく響く音のおもちゃを選んで、五感を刺激してあげましょう。

 4~6ヶ月の赤ちゃんに適したおもちゃ
プレイジム・ボール・布の絵本・型はめおもちゃなど
赤すぐネットのおもちゃ

この時期の赤ちゃんは、手でものを握ったりつかんだり、口へものを持っていったり、いろんな音や色に反応を示します。視覚、聴覚、触覚を刺激してくれる、音の出るおもちゃや握れるおもちゃ、型はめおもちゃなどを選ぶようにしましょう。ベビーカーでのお散歩も増えるので、ベビーカーに付けられるおもちゃもよいですね。

 7~12ヶ月の赤ちゃんに適したおもちゃ
積み木・手押し車・音の出るおもちゃ・お風呂のおもちゃなど
赤すぐネットのおもちゃ

この時期の赤ちゃんは、おすわりやはいはいが
おすわりやハイハイができる頃になると、赤ちゃんの動きがずいぶん活発になってきます。
サークルやゲートなどで、安全対策を万全に行ってください。
ハイハイやつかまり立ちができるようになります。両手でボウルをつかんだり、ものをたたく、いじる、ひっくりかえすことができるようになります。全身を動かして遊べるもの、つかまって押したりできるおもちゃがよいでしょう。
赤すぐネットでは、赤ちゃんの小さな手でもつかみやすい、ネット状のオーボールが人気です。

 1歳頃の子供に適したおもちゃ
ウォーカー・紐で引っ張るおもちゃ・乗るおもちゃなど
赤すぐネットのおもちゃ

この時期の赤ちゃんは、ボールを転がしたり投げたりできるようになります。また、歩くことができるようになり、おもちゃも自分のお気に入りができてきます。片手でもつかめるおもちゃ、引いたりだしたり並べたりできるもの、手首を動かして遊べるおもちゃがよいでしょう。

 2~3歳頃の子供に適したおもちゃ
人形・ごっこ遊び・パズル・塗り絵・乗るおもちゃなど
赤すぐネットのおもちゃ

この時期の子供は動きが活発になり、人のまねをしたり身の回りのことに関心を強く示します。おままごとのできるオモチャや、形や大きさの区別ができるおもちゃ、はめたり重ねたりできるオモチャを選ぶようにしましょう。

【画等提供:Fun★cart】

代用できるベビーグッズ!上手な育児用品の選び方!

育児用品は種類や品数が多すぎて、どこまで揃えればよいのか悩みます。また、揃えたけれど結局使わなかったというママ達も多くいました。赤ちゃんが生まれると、何かと出費が増えるので、節約して無駄のない買い物をしたいと思います。

ここでは、先輩ママ達が役立ったと思う育児用品や、購入しなくても他のもので代用できた育児用品などをまとめましたので、参考にしてお買い物を上手にしてくださいね。

スポンサーリンク


代用できた育児用品・ベビーグッズ

 洗浄綿
洗浄綿は授乳のときなど、乳首を清潔にするために使うものですが、必要なかったというママ達が多かったです。ガーゼを濡らせば代用できるというママ達の意見でした!

 おくるみ
おくるみを購入したけれど、退院するときに赤ちゃんに使用しただけで、その後はバスタオルで代用しているというママ達の声でした。寒い冬は、フリースの厚めのひざ掛けなどがサイズ的にも使いやすいのでおすすめということでした。

 授乳クッション
授乳クッションはとても便利で助かった!という声もありましたが、座布団を2つ折りにして代用したという方もいるようです。あると助かるものだけれど、なくてもいいかなというママ達の意見でした。

 オムツ替えシート
オムツ替えシートの代わりにバスタオルで代用したという方が多かったです。特に必要ないものというママ達の意見でした。

 ベビーバス
旦那さんと一緒に赤ちゃんをお風呂に入れるので、赤ちゃんを洗い終わると旦那さんに受け取って直接湯船に入るので、使わなかったという方もいました。ベビーバスは使っても1ヶ月ほどで置き場所にも困るので、レンタルしたほうがよいという意見もありました。

あってもなくてもよい育児用品・ベビーグッズ

 お尻ふきウォーマー
寒い冬のために購入したママ達もいましたが、お尻ふきウォーマーが温まるまでに時間がかかるし、電気代もかかるので結局必要なかったというママ達の意見です。

 ベビーベッド
おっぱいをあげながら赤ちゃんと横になって寝ていたので、ベビーベッドは使用しなかったという方や、一緒に寝ている方が自分も横になれて、授乳が楽にできるという意見でした。ベビーベッドは使ったけど、1年間くらいだけだったママが多いようなので、必要であればレンタルするほうがよいかもしれません。

 ベビー布団
赤ちゃんと一緒に寝ているので必要なかったという声や、マットが固すぎて赤ちゃんが嫌がって使えなかったという意見もありました。ですが、保育園や幼稚園のお昼寝のときに使用したので、無駄にはならなかったという声も。

 メリー
ベビーベットを使う期間が短かったので、メリーはほとんど使わなかったという声や、赤ちゃんがまったく興味を持たなかったという声も…赤ちゃんによって必要度はかわりますが、必ず必要?かといわれれば、なくても問題はないように思います。

 スリング
子供が抱っこが好きだったので、スリングは使わなかったという声や、夜泣きがひどくてスリングがあってすごく助かったというママもいました。スイングも赤ちゃんによって、必要なものかそうでないものかに分かれるようですね。

 ハイローチェア
赤ちゃんがおとなしく寝ている期間は短いし、寝がえりをしだすとハイローチェアは使えない、というママ達の意見でした。あると便利かもしれませんが、使用する期間が短いのであれば購入してももったいない気はしますね。

 ベビーカー
ベビーカーのA型は半年くらいしか使用しないし、赤ちゃんが小さいときは外出も少ないです。移動が車なら、ベビーカーを使うことはあまりありません。

ベビーカーは使っても4ヶ月頃までとか、赤ちゃんは抱っこしてベビーカーには荷物をのせる、というママ達も多いようでした。ベビーカーは、赤ちゃんが生まれてからすぐに必用になるものではないので、様子を見てから購入されるとよいでしょう。

二人目以降の育児で便利だったベビー用品・グッズは?

2人目を妊娠しているママ達から、2人目のときはどんな育児用品が必要になるの?という質問が多くありました。子供が2人以上いるママ達が、あると便利だと感じた育児用品や、役に立ったと思うベビー用品をまとめてみました。

スポンサーリンク


抱っこひも・バスリング

散歩のときや買い物に出かけたとき、抱っこ紐があると両手が使えるので、上の子と手を繋いだり荷物をもつことができ、抱っこひもは必要だと感じたママ達の意見が多くありました。

抱っこ紐

赤すぐ雑誌の通販では、抱っこもおんぶもできるベビーキャリアが、ママ達からは使いやすく口コミで人気があります。

抱っこ紐

また、スリングも口コミで人気があり、荷物を少しでも減らしたい!抱っこひもをバッグにしまいたい!というママにおすすめです。

ベビーサークル・ベビーベット

ベビーサークルベビーサークルやベビーベッドが、2人目の育児でとても役立ったというママ達からの答えが多くありました。

上の子が赤ちゃんの周りを歩き回って、赤ちゃんに怪我をさせてはいけないので、ベビーサークルやベッドで囲うと安心という意見でした。

また、ベビーラックやバウンザーも、少し高い場所で赤ちゃんを寝かすことができるので、重宝したという声もありました。

しかし、ベビーベットは育児用品で必要なかった、というママ達の意見もありましたので、レンタルのほうがよいというママのアドバイスでした!

ベビーカー

ベビーカー1人目のときは。ベビーカーを使用しなかった、というママ達も、2人目になるとベビーカーが役立ったという方が多くいました。

上の子は手を引いて、下の子はベビーカーに乗せての外出は欠かせないし、子供を乗せないときは、荷物を置くこともできるのでベビーカーがあると助かるという意見でした。

また車で移動するのであれば、チャイルドシートはもう1つ必要になるというママ達からのアドバイスでした。

上の子が4歳ぐらいならジュニアシートを購入すれば安いし、ジュニアシートも簡単に移動できるので、おすすめということでした。

購入する? レンタルする?無駄のない育児用品の選び方!

出産準備は楽しみの1つでもありますが、とても大変なものです。これからの出費のことも考えて、なるべく予算を押さえた無駄のない育児用品の選び方をしたいですね。

ベビー用品や育児用品は、使用する期間が長いものは購入した方がよいし、短いものならレンタルした方がよいというママ達の意見がありました。先輩ママ達が「買った方がよかった」「レンタルした方がよかった」と思った育児用品には、どのようなものがまとめてみました!

スポンサーリンク


先輩ママ達の育児用品体験談!

マタニティママ子供が生まれたばかりのときは、ベビーベッドをレンタルして使用していましたが、子供の首がすわる時期になると一緒に寝始めたので、ベビーベッドは3ヵ月間ほどの使用でした。

二人目の子供が生まれたとき、上の子が赤ちゃんにいたずらするので、ベビーベッドがある方がいたずらを防止することができるので、購入したほうがよかったのかなって思ったけど、使わなくなったら邪魔になるので、レンタルの方がよいかもしれませんね。

ベビーサークルなどだったら、ベビーベッドに比べると値段も安いので、それを利用するとよいかも!

赤すぐママベビーカーやチャイルドシートは、産後の自分の行動パターンからレンタルするか、購入するか決めるとよいと思います。

私は、車で移動することが多かったので、チャイルドシートは絶対必要なので購入しました!けっこう長い期間使用しますしね。

あとベビーカーは、抱っこじゃなきゃダメという子供もいるので、購入は急がず実際に外出するようになって、考えるとよいかもしれません。子供の成長をみてきめるとよいですよ~

マタニティママ大型の育児用品、「ベビーベッド・ベビーバス・ベビーカーなど」は2人目を予定していても、出産までの期間に保管場所に困ったので、レンタルした方がいいと思いました。

ベビーカーは、使うだろうとA型をレンタルしたのですが、うちの子は抱っこの方がいいらしく、活躍したのは抱っこ紐の方でした!ベビーカーは子供が嫌がると使わないので、その子がどんなタイプなのか、様子を見ながら決めるといいのではないでしょうか。

マタニティママベビーカーを使うことが多いママは、新生児のときから使えるA型ならレンタルがおすすめです!首がすわった頃から使用できるB型だったら、購入した方がよいような気もします。

A型のベビーカーはB型に比べると重いので、購入するなら軽くて使いやすいB型の方がよいと思います。値段も比べると安ですしね!二人目のお子さんを考えているなら、子供2人を連れての外出になるので、ベビーカーがあると重宝するので購入した方がよいと思います。

赤すぐママ主人の仕事が遅く、1人で赤ちゃんをお風呂に入れないといけなかったので、ベビーバスが必要だと思い購入しました。1人でもラクに、いつでもお風呂に入れられて便利でした。子供が小さい頃は、水遊びなどにベビーバスを利用して遊ばせました。

狭いマンションなどだと、ベビーバスは大きいのでレンタルした方が、置き場所に困らないかもしれませんね。旦那さんがいるのなら、2人で協力して湯船に直接赤ちゃんを入れれば、ベビーバスはまったく必要ないですしね。