離乳食初期の与え方

離乳食用の食器離乳の準備として、3、4ヶ月頃にスプーンを使って果汁を与えます。

ミルクが基本ではありますが、果汁を与えることによって、ミルクの他にもいろんな味があることを覚えさせます。

果物は新鮮なものを選び、すっぱくないものを選びます。果汁を搾って、湯ざましで2倍に薄めてスプーン1杯を飲ませます。

赤ちゃんの様子をみて、大丈夫なら次の日から徐々に量を増やし与えましょう。3、4日様子をみて、変わりがないなら違う味の果物も与えてみましょう。入浴後などの喉が渇きますので、果汁を与えるとよく飲んでくれます。

赤ちゃんが4、5ヶ月になり、果汁を十分に飲めるようになっていろんな味に慣れてきたら、りんご、すいか、ももなどの味のきつくない果物なら、そのまま薄めずに与えても大丈夫です。

離乳時期:5~6ヶ月の赤ちゃん

この時期の赤ちゃんは、まだ母乳が基本ですが、離乳食にも慣らしていきましょう。

この頃の赤ちゃんの離乳食の形態は、煮たり茹でたりしたドロドロの液状のものを与えます。
噛むことがまだできませんので、ぼこぼこしないように、均一につぶしたものがよいでしょう。

うまく飲み込むことができるようになってきたら、少しづつ固さを調節していきましょう。

離乳食を与えるときのポイント
  • 赤ちゃんの体調の良い日を選びます。
  • どろどろした形状のものを与えます。
  • スプーンで1日1回、1品から始めます。
  • 1週間を目安に、徐々に量と品数を増やしましょう。
  • タンパク質(卵・肉)などは、アレルギーが起こりやすいので時期をおくらせます。

入園・入学準備に必要なもの!赤すぐの便利なキッズ用品を紹介!

子供の初めての幼稚園、保育園、小学校の入園入学には、かわいくてよいものをもたせてあげたいです。準備をするときとても楽しい時間でもありますが、買い忘れがないように注意してくださいね。

赤すぐ通販には、入園入学の準備に必要なキッズ用品が数多くそろっているので、買い忘れがないようにまとめて準備するのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク


入園・入学準備に必要なもの

(幼稚園・保育園・小学校によって、不要なものや規定があるものもございますので、詳細は必ず各園・各学校でご確認ください。)

必要なものリスト
 通園バック
 歯磨きセット袋
 上履き入れ
 お弁当箱
 歯磨きセット
 上靴
 お弁当グッズ
 ひも付きタオル
 お昼寝布団
 お弁当セット袋
 レイングッズ
 お名前シール

赤すぐネットでは、幼稚園や保育園の通園バックやお弁当グッズ、レイングッズなどが揃います。その他にもタオルやお昼寝布団、お名前シールなど、入園・入学の準備に便利なキッズ用品が揃います。

赤すぐでは入園・入学準備に必要なものをわかりやすくまとめてありますので、何が必要なのかわかりやすく探しやすいです。新生活を始める子供達たちに、可愛くて便利なものを揃えてあげてくださいね。

 入園・入学準備に必要なものとは!?

赤すぐキッズ用品で入園・入学準備をしよう!

通園バック・巾着
通園バッグ保育園や幼稚園の通園ようとしても、諸学校のお稽古ごとにも使用できる赤すぐの通園バッグ!

子供の好きなキャラクターや、可愛いデザインのバッグだと、通園するのが楽しくなりますね。お子様の気に入るバックを選んであげると、保育園や幼稚園に通うのが楽しくなりますね。

水筒・お弁当グッズ
水筒・お弁当グッズ水筒は保育園や幼稚園に必要となるだけじゃなく、公園で遊ぶときや買い物に出かけたときでも必要になります。子供が持っても重くない、軽量のしっかりとした水筒を選んであげましょう。

この時期の子供は、まだ上手に食べることができないので、食べこぼしをキャッチできるようなものがあるととても便利です!

レイングッズ
レイングッズ子供に着せるレインコートは、ゆったりとした形で、全身をすっぽり包む着せやすいものを選んであげましょう。

赤すぐのレインコートは、スナップで前が開閉するタイプで、レインパンツは腰と足もとにゴムがはいっているので、雨の日や遊びにも大活躍してくれると思いますよ~

ループ付タオル・スモック
タオル幼稚園や保育園では、食事のときや洗面所に紐付きのタオルが必要となります。吸収力のある可愛いタオルを選んであげましょうね。

洗い替えができるように3枚くらいは必要となるので、セットのタオルなどは安い価格で販売しているのでおすすめです!

ベビー布団
ベビー布団・お昼寝布団保育園や幼稚園ではお昼寝があるので、ベビー布団やお昼寝布団が必要となります。

赤すぐネットのお昼寝布団は持ち運びが楽にできるようにバックがついています。布団を手洗いできるものもあるので、汗をたくさんかいても布団を清潔に保つことができます。

お名前シール
お名前シール入園・入学準備のグッズに名前付けをするのはとても大変です。赤すぐネットでは手書きしなくてもいいように、かわいい名前付けシールやグッズがあります。
毎日忙しいママには、名付けシールはとても便利で助かります!

【画等提供:Fun★cart】

赤すぐネットでは、必要な入園・入学準備用品が揃います。もうすぐ新生活が始まる子供たちに、赤すぐキッズ用品で可愛くて使いやすいものをお買い物してください。ご入園・ご入学がとても楽しみですね。

赤ちゃんの成長の様子と必要なマタニティ用品!

赤ちゃんの成長にあわせて必要なベビー用品は揃えていくようにしましょう。赤ちゃんが生まれると、赤ちゃんのお世話で毎日が忙しくなりますので、便利な育児グッズなどを活用して、少しでも育児が楽になるように利用するのもよいですね。

ここでは赤ちゃんの成長の様子と、その時期にあった必要なベビーグッズや育児用品を紹介しますので、ぜひお買い物の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


生まれたばかりの赤ちゃんの様子 0ヶ月

生まれたばかりの赤ちゃんは、寝たり起きたりを繰り返します。だいたい3時間に1度、オムツやお腹を空かせて目を覚まします。

■男の子■
身長:約50から75㎝
体重:3000から4900g
■女の子■
身長:約50から56㎝  
体重:3000から4600g

1~3ヶ月の赤ちゃんの様子

赤ちゃんは少しずつ活発になり、足を動かしたり手を動かしたり運動をします。汗をよくかくので、1日に2~3回着替えをさせて清潔にしてあげましょう。

ママやパパの顔をじっと見つめることがありますので、話しかけたり笑いかけたりしてあげると良いですよ。3ヶ月になると首が座りはじめ、しっかりとしてくるのでお出かけも楽しくなりますよ!

■男の子■
身長:約60から66㎝
体重:5800から7800g
■女の子■
身長:約58から65㎝
体重:5400から7200g

0~3ヵ月の赤ちゃんにあると便利なマタニティ・ベビー用品

 必ず揃えておきたいもの
・ベビー肌着(短肌着・長肌着)
・2WAYオール
・授乳ブラジャー
・紙おむつ
・おしりふき
・ベビー石鹸
・抱っこひも
・ベビーカー
 あると安心できるもの
・授乳服
・ベビーローション
・鼻水吸い器
・ベビーラック
・バウンザー
・ベビー布団
・おしゃぶり
・ガラガラ
 あってもいいかな
・搾乳機
・おしりふきフォーマー
・ベビーシャンプー

4~6ヶ月の赤ちゃんの様子

首がしっかりとすわってきて、寝返りができるようになります。お座りはまだできませんが、お風呂のときなどはお風呂用のチェアなどに座らせておくと安心です。ベビーカーなど使って、外にお散歩に出かけましょう。

5ヶ月くらいになると離乳食が始まりますので、赤ちゃんの食事に必要なグッズmp準備をはじめましょう6ヶ月頃になると、身長・体重はこのように成長します。

■男の子■
身長:約60から66㎝
体重:5800から7800g
■女の子■
身長:約58から65㎝
体重:5400から7200g

4~6ヵ月の赤ちゃんにあると便利なマタニティ・ベビー用品

 必ず揃えておきたいもの
・ボディー肌着
・ロンパース
・離乳食グッズ
・ベビー石鹸
・指先の感覚を育てるおもちゃ
・抱っこひも
・紙オムツ
 あると安心できるもの
・食事用のエプロン
・ローチェア
・離乳食器
・ベビーガード
 あってもいいかな
・ベビーモニター
・お昼寝マット
・ベビーカー用のおもちゃ

今まで以上に活発に動くようになりますので、ボディースーツやロンパースなど、お腹が出ない服を選びましょう。
手で物を握ったりしはじめますので、ガラガラや布絵本など、赤ちゃんが口に入れても大丈夫なおもちゃを選んであげましょう。

7ヶ月~1才の赤ちゃんの様子

この頃の赤ちゃんは、ハイハイやつかまり立ちができるようになり、危険なものを口に入れたり転んだりと目が離せません。事故が起こらないように注意してくださいね。

自分で物を持つことができるようになる時期なので、スプーンなどを用意して食事のお手伝いをしてあげましょう。1才頃になると1人で立つことができ、いたずらも盛んになります。安全な環境をつくって赤ちゃんを守ってあげましょう。

7ヶ月~1歳の赤ちゃんにあると便利なベビー用品

 必ず揃えておきたいもの
・ベビーウェア
・ベビー服(トップス・パンツ)
・帽子
・紙オムツ
・ベビー石鹸
 あると安心できるもの
・食事用の椅子
・ストローマグ
・ベビーローション
 あってもいいかな
・ベビーチェアベルト
・お風呂のおもちゃ
・積み木
・ベビーサークル

1才半~2才の赤ちゃんの様子

よちよち歩きができるようになりますので、赤ちゃんを支える安定した玩具を選びあんよをサポートしましょう。オムツも早ければこの頃からとれますので、トイレトレーニングを始めましょう。運動や言葉も発達してきますので、オモチャなどを使ってベビーの感覚を刺激したり絵本を読んであげましょう。

1才半~2才の赤ちゃんにあると便利なベビー用品

 必ず揃えておきたいもの
・ベビーウェア
・ベビー服(トップス・パンツ)
・帽子
・靴下
・ベビーシューズ
・ベビー石鹸
 あると安心できるもの
・レインコート
 あってもいいかな
・体を動かすおもちゃ
・おまる

赤ちゃんの成長に合わせて、赤すぐで上手に出産準備

赤すぐネットでは、ベビーグッズやベビー用品の品数がとても豊富で、出産準備に必要なものが一度に揃います。赤すぐネットのベビー肌着、ベビー服、ロンパースなどは、他にはない赤すぐオリジナルのものも多く、とってもかわいいお手頃価格のものも購入できます。

何を揃えていいかわからないときも、赤ちゃんの成長に合わせて必要なベビー服やベビーグッズを説明しているので、初めて育児を経験するママにもわかりやすいです。赤ちゃんの成長にあったベビー服や育児グッズ、おもちゃを選んで、赤ちゃんと充実した毎日を過ごしてくださいね。

ベビー用品準備リスト

もうすぐかわいい赤ちゃんの誕生です♪赤ちゃんが産まれると忙しい毎日ですが、楽しい生活でもあるのでとても楽しみですね。産後に慌てることがないように、今から赤ちゃんとの生活に必要なベビー用品を、ちゃんと揃えておきましょう。

赤すぐネットでは、赤ちゃんの成長に合わせて必要なベビー用品を案内しているので、初心者のママでもわかりやすく探せます。

授乳用品・沐浴用品・ねんね用品・お出かけ用品など、ベビー服以外の育児用品も赤すぐネットでは揃いますので、ママや赤ちゃんの成長にあわせたものを選んでくださいね。

それと、使わなかったということがないように、お買い物リストや予算をまず決めて、上手にお買い物をするようにしましょう。

ベビー用品準備リスト

 肌着&ベビー服の準備
 必ず揃えておきたいもの
・肌着 6~7枚
・スタイ 3枚
・ロンパース 3枚
・おくるみ
・ベビーウエア 3枚

生まれた赤ちゃんは、ミルクを戻したりおしっこやウンチがもれたりと、何かと汚れることが多いため、肌着などは多めに準備をしましょう。ベビー服などは御祝で頂くことも多く、産後すぐにはお出かけも少ないので最小限でいいでしょう。お宮参りのベビードレスは、派手めなものは避けると普段着にも使えていいかもしれませんね。

 

 授乳・ミルク&オムツの準備
・哺乳ビン
・調乳ポット
・母乳パッド
・オムツ替えシート
・粉ミルク
・哺乳ビン用洗剤
・紙オムツ
・布オムツ
ミルカー(粉ミルク入)
・搾乳機
・おしり拭き
・オムツカバー

母乳の出方は人それぞれですが、ミルクやミルクグッズの準備も確認しておきましょう。育児用の粉ミルクは、メーカーが違ってもほとんど変わりはありませんが、赤ちゃんの好みも多少あるので、赤ちゃんにあったミルクを探してあげるとよいでしょう。母乳のでかたは人によって違いますので、搾乳機は産後に購入してもよいでしょう。

 

 沐浴準備&衛生用品準備
 必ず揃えておきたいもの
・ベビーバス
・ガーゼ
・ベビー用爪切り
・ベビーソープ
・ベビーオイル
・体温計
・ベビーシャンプー
・ベビー用綿棒

 

 睡眠&あやし用品
・ベビー布団
・ベビー枕
・ベビーモニター
・ベビーベッド
・おねしょシーツ
・ベビーガード
・麺毛布

 

 お出かけ準備
 必ず揃えておきたいもの
・チャイルドシート
・ベビー帽子
・抱っこひも
・マザーバック