知っておきたい!お礼状の基本マナーと書き方!

どんなに心をこめてお礼状を書いても、マナーを知らずに送ってしまっては、お礼状をもらった相手は不愉快な気持ちになります。

お礼状を書く前に、知っておきたい基本のマナーと書き方についてまとめましたので、気持ちを込めた常識のあるお礼状で感謝の気持ちを伝えましょう!

スポンサーリンク


お礼状は、はがきと手紙のどちらでだすの?
行事や出す相手によって、お礼状ははがきで出すか封書で出すか、使い分けをします。慶事や弔事などに関することや、上司や目上の方に宛てる場合は、封書でお礼状を出す方が望ましいです。

お中元やお歳暮などの場合は、改まった方でもはがきでお礼を伝えてもかまいません。また、普段から仲のよい上司へお礼状を出すのなら、写真入りのはがきでも問題はないですが、改まった方への使用は避けるようにしてください。

友人や同僚など親しい関係の方なら、メッセージカードや一筆箋でお礼を伝えてもよいですが、上司や目上の方には失礼になりますので気を付けましょう。

メールやメッセージカード、はがきは簡易なものと考えて、自分と相手の関係をよく知った上で、使い分けをするようにしましょう。

便箋は何色?枚数は何枚必要なの?
慶事の改まったときの手紙では、便箋は無地の白色を使用します。また、2枚にわたっるように文章を書くのが基本ですが、1枚で終わるときは白無地の便箋を1枚付けて、2枚で出すようにしましょう。

「幸せが重なっておとずれる」と、縁起をかつぐ意味合いもあります。

しかし弔事で便箋を2枚使用すると、「不幸が重なる」という意味にとれるので、1枚で手紙を出すようにしてくださいね。

喪中の相手にお礼状を出してもよいの?
お礼状は、贈り物をもらったときやお世話になったとき、相手に感謝を伝えるものなので、相手が喪中のときであっても失礼になりません。

ですが、文章を書くときに「清祥」や「お喜び申し上げます」などの言葉は、ふさわしくないので避けるようにしましょう。「清々しい季節となりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか」というような、季節の挨拶文などを用いるとよいでしょう。

縦書き横書きのどちらでもよいの?
改まった内容のときは、縦書きで文字を書くのが基本です。親しい友人や同僚にお礼状を書くときは、横書きでも構いませんが、上司や目上の方へ宛てるときは、縦書きの方が丁寧でふさわしいでしょう。
お礼状を書くときボールペンでもかまわない?
手紙やお礼状を書くときは、毛筆、万年筆、インクペンを用いるのが基本です。ボールペンは少し軽い感じになるので、改まったときは使用しないほうがよいでしょう。

また文字を消したいとき、修正ペンや修正テープで消すのは失礼になるので、書き直しするようにしてくださいね。

仲のよい友人や同僚、いとこなどにお礼状を書くときは、カラーペンや蛍光ペンを使用したほうが、温かみのある素敵な手紙やはがきになります。相手のことをよく知ったうえで、マナーのある温かなお礼状を出すようにしましょう!

スポンサーリンク