出産内祝いの時期!いつまでに贈ればいいの!?

出産内祝いのギフト赤ちゃんが産まれたらお祝いを友人や親戚、職場などからいただきます。

産後は、ママの体の回復や赤ちゃんのお世話で何かと大変ですが、お祝いをもらったらなるべく早めにお返ししましょう。

また、3日以内には電話や手紙でお礼を伝えるようにしてくださいね。

いつまでに出産内祝いを贈るのかというと、赤ちゃんが産まれてお宮参りの頃までにはお返しするようにしましょう。

産後1ヶ月以内が出産内祝いを贈る時期の目安です!

出産直後はバタバタとして何かと時間がとれませんので、慌てることのないよう妊娠中に内祝いの下調べをしておくと安心です。

スポンサーリンク


出産祝いのお返し!こんなときどうする!?

出産祝いを遅れてもらったら
出産祝いを遅れてもらったとしても、お返しはきちんとお渡しするようにしましょう。相手が気遣ってくれた温かい気持ちですから、お礼は伝えるようにしたいですね。お返しは、なるべく早めに送るようにしましょう。
他のお祝いと出産祝いを一緒にもらったら
結婚祝いと出産祝いを同時にもらっときや、出産祝いと1歳の誕生日祝いを一緒にもらったときでも、お返しは贈るようにしましょう。

同時にもらったとしても「結婚祝い」「出産祝い」とわけられていたなら、お返しもそれぞれ分けてお渡しするとよいと思います。結婚内祝いと出産内祝いでは、熨斗の表書きが違ってきますから。

仲のよい友達なら、まとめさせてもらったと一言伝えて、赤ちゃんの写真や名前の入ったカードを添えて、お披露目してもよいと思います。このような場合は、内祝いではなくお礼として贈られるとよいです。

お祝いをもらったら、お返しはなるべく早めに贈ってくださいね!

出産祝いのお返しが遅そくなったら
どうしてもお返しの時期が遅くなったら、遅れたお詫びを一言伝えるようにしましょう。他のお祝い事と違て出産のときは、ママの体の回復や赤ちゃんのお世話が大変なことをみんなわかっているので、お詫びを一言伝えれば相手も気持ちが伝わります。
スポンサーリンク