出産祝いの手紙を出す時期と、祝い状の書き方の注意点!

祝い状を書く男性相手のお祝い事を知ったとき、お祝いを伝える時期がずれてしまうと、「今ごろ?」と、相手も感じてしまうので、お祝いの手紙はすぐに出した方が気持ちが届きます。

しかし出産祝いのときは、すぐに祝い状を出してはいけません。

ママと赤ちゃんが無事で健康であるか、きちんと確認してからお祝いの手紙を送りましょう。

また、出産の報告を直接ママから聞いたなら、病院へお見舞いに行ってもよいですが、長居はしないようにしてください。ママは出産したばかりで、体の回復もまだですし赤ちゃんのお世話で大変です。出産祝いを渡す時期は、基本的には退院してからとなります。思いやりのある温かな出産祝いにしましょうね。

スポンサーリンク


出産の祝い状・書き方のポイント

出産の祝い状は、「苦しむ・流れる・失うなどの言葉」や、「男の子でよかったね」「また男の子なんだね」などと、主観的な言葉やメッセージの書き方はよくありません。そして、ママやパパが、これからの育児に不安をもつようなことも、書かないように気を付けましょう。

出産祝いの手紙には、家族へのお祝いの気持ちや、ママの体を気遣うお見舞いの気持ち伝えることがポイントです。

出産祝いで避けたい忌み言葉

流れる / 消える / 落ちる / 失う / 詰まる / 破れる / 滅びる / 早い / 死 / 四 / 苦 / 九 など

出産祝の手紙・祝い状の書き方の構成

★頭語
1.時候の挨拶
2.お祝いの言葉
3.母子の健康や赤ちゃんの成長を祈る言葉
4.相手の無事、健康を祈る言葉
5.結びの挨拶
★結語
※親しい相手への祝い状は、頭語と結語を省略してもかまいません。

ママとパパのこれからの育児の不安を和らげたり、家族へお祝いの言葉をのべるようにしましょう。産後のママは、体調もすぐれず気分も不安定なので、相手を思いやる温かみのある言葉でお祝いのメッセージを書くようにしましょうね。

祝い状の書き方!こんなときどうする!?

喪中のときの出産祝いの祝い状はどうする?
■自分が喪中のとき■
四十九日を過ぎて落ち着いた頃に、出産祝いの祝い状を贈るとよいでしょう。そのとき、お祝いが遅くなったお詫びの言葉を、一言添えるようにしましょう!

■相手が喪中のとき■
喪中の相手に、祝い状を贈ったりお祝いの言葉を伝えるのは失礼になりますが、喪中の相手から出産の報告を受けたときは、ほっておくわけにはいきませんね。

そんなときは、暑中見舞いや寒中見舞いなど季節のはがきを使って、相手を思いやる温かな言葉をかけてあげましょう。

「大変だったね、落ち着いてから改めてさせてもらうから」というような、相手を気遣うような文面にしてくださいね。

出産祝いを渡すのは、49日を過ぎて相手が落ち着いてからにしましょう。

電話でお祝いを伝えたら祝い状は必要ないの!?
今の時代は、メールやラインなどで、気持ちを簡単に伝えることができますが、はがきや手紙でお祝いを伝えることで、わざわざ手間をとってくれたと、相手もうれしいと思います。

また、出産祝いを贈る相手が目上の方や上司である場合は、出産祝いは封書で出すのがマナーです。メールやメッセージカード、はがきなどは、気持ちを伝える手段として簡易なものなので、改まった方には失礼のないよう、封書でお祝いを伝えるようにしましょう。

出産祝いが遅くなったときはどうするの!?
お祝いがお遅くなったときは、「遅くなってごめんなさい」と、一言お詫びの気持ちを述べると、相手は悪い気はしないですね。

出産祝いのタイミングをのがしたときは、1歳の誕生日と兼ねてお祝いを贈るとよいでしょう。このようなときも、「出産祝いが遅くなってごめんね。1歳の誕生日と兼ねてお祝いさせてね」と一言伝えましょう。

常識のある相手を思いやる気持ちで、お祝いのメッセージを伝えてくださいね。

スポンサーリンク