マタイティパジャマの特徴と必要性

マタニティパジャマ

マタニティパジャマは、通常のパジャマよりもゆとりがあり、妊娠中の敏感な肌にもやさしく、大きなお腹や胸を締め付けないようにデザインされています。

 マタニティパジャマの特徴
 パジャマは膝のあたりまでの長さ
 前がボタンなどで開くようになっている
 ウエストは調節ができるゴムになっている

なぜ、マタニティパジャマがこのようなデザインなのか、ということには理由があります。出産後は傷口を経過を見るため、毎日お医者さんが回診にきます。

傷口がうずいて痛いのでズボンをはくのが大変です。パジャマの上1枚で過ごした方が楽なこともあるので、パジャマの丈が長い方が安心できるのです。

また、赤ちゃんへの授乳が毎日あります。Tシャツタイプのものだと授乳のたびに裾をめくらないといけないし、来客があったときに困ります。授乳口のついているパジャマや、前がボタンで開くタイプのパジャマなら、授乳がスムーズにできるので便利です。

スポンサーリンク


マタニティパジャマを他のウェアで代用するなら!

マタニティウェア

マタニティパジャマの代わりに代用できるウェアがあるなら、わざわざ購入をする必要はないと思います。このような前がボタンで開くタイプのワンピースなら、授乳も簡単にできるので問題はないと思います。

1枚で着られるマキシ丈ワンピなども、前が開くタイプならマタニティパジャマの変わりにもなるし、産前産後に普段着としても着ることができるので重宝すると思います。

スポンサーリンク