マタニティウェアの特徴!通常の洋服との違いとは!

妊娠する前と妊娠してからの体型は、大きく変わります。妊娠前の体で一番出っ張っているのはヒップですが、妊娠するとお腹が大きく前に突き出します。

お腹がまだ目立たないときは、普段着でもきれいに着こなすことができますが、お腹がだんだん大きくなると、裾が前上がりになりますし、胸も大きくなるので脇のあたりが引っ張られます。

マタニティウェアは、これからどんどん大きくなるお腹にあわせて、前後の裾も同じ長さになるように作られています。また、後ろ身頃よりも前見頃の幅を大きくとっているので、胸が大きくなっても袖が突っ張ることがなく、腕を動かすことができます。

体に変化があるお腹や胸は、締め付けないようにゆとりを持たせ、変化のない部分はすっきりとみせるようにデザインされています。ですからお腹の大きな妊婦さんでも、マタニティウェアはきれいに着こなすことができるのです。

スポンサーリンク


マタニティエアにはどんな工夫がされているのか!?

マタニティウェア

妊娠中はつわりなどで体調を崩しやすく、体を締め付けるのは赤ちゃんやお母さんの体に負担がかかります。マタニティウェアは、ゆったりとして動きやすく、毎日を快適に過ごせるようにデザインされています。

授乳が簡単にできるように授乳口が付いていたり、セットアップにすることで上の洋服が授乳時の目かくしとなるため、素早く授乳ができます。見た目では全く授乳服とはわからないし、卒乳後も長く着用できるように工夫されています。

今のマタニティウェアは、産前産後も着用できるようにデザインされているため、卒乳後も長く愛用できます。

妊娠期間は短いので、できるだけマタニティウェアの購入を控えたいというママ達も多いですが、胸やお腹が大きくなり窮屈に感じているのに、無理をして普段着を着るのはよくありません。

コーディネートしやすいものや、産後も着れる工夫のされているマタニティウェアなど、このようなおしゃれで機能的なものを選べば、産後もずっと着用できるので無駄のない買い物をしてくださいね!

マタニティウェアのまとめ

スポンサーリンク