赤すぐ【雑誌発売日】

赤すぐ雑誌

赤すぐ雑誌の発売日
偶数月の15日が「赤すぐ」雑誌の発売日です!育児に役立つ情報が満載ですよ~

「赤すぐ」雑誌には、ベビー、キッズ、マタニティに関する情報がたくさん搭載されています。

妊娠している時期、出産時期、ベビーやキッズの成長に合わせた月齢別に特集が組まれていて、初めて育児を体験する私にも、赤すぐ雑誌の情報はとてもわかりやすくて勉強になることばかりでした。

ベビー服や子供服、妊婦服、育児グッズの紹介だけでなく、ベビーやキッズの定期検診、予防注射などの健康に関する情報も知ることができます。インターネットの通販「赤すぐネット」にも、赤すぐ雑誌と同じように子供服や育児グッズの他にも、育児に関する情報がたくさん詰まっています。

「赤すぐ」は、初めて育児を体験するママにもわかりやすく、とてもたくさんの役立つ情報を伝えてくれます。私も1児のママですが、赤すぐ雑誌や赤すぐネットから、知らなかった育児に関する情報を知ることができてとても助かりました。

私も赤すぐ雑誌の発売日を毎回とても楽しみにしています。かわいいベビーウェアやキッズ子供服、育児用品がとても充実しているので、見ているだけで楽しめる雑誌です。

赤すぐ雑誌「赤ちゃんモデル」「読者モデル」の応募資格

赤すぐでは「赤ちゃんモデル」「読者(パパ・ママ)モデル」を募集しています。赤ちゃんだけではなく、パパやママも雑誌出演のチャンスです。ぜひみなさん、家族で応募してくださいね。

 赤すぐの応募資格
・0歳から1歳11ヶ月までの赤ちゃん、パパ、ママ

 赤すぐモデル応募に必要なもの
・赤ちゃんの写真(全身と顔写真を各1枚ずつ)
・ママとパパの写真(1枚以上)

 家族のプロフィール
・家族の名前(全員)
(フリガナ / 生年月日 / 洋服・靴のサイズ / 身長・体重など)

 アンケート
・普段読んでいる雑誌は何か?
・育児や普段の生活で気になること
・ママの間で、今はやっていること

 赤すぐモデル応募方法
・A4用紙に写真を張り付け、プロフィール、アンケートを記入して応募する。

 赤すぐモデル応募先

〒105-0021
 東京都港区東新橋2-3-3 ルオーゴ汐留3F
(株)リクルート赤すぐ編集部「赤すぐモデル募集」係  まで

送られた写真などは返却されませんのでご了承ください。
かわいい赤ちゃん、パパとママ、家族で赤すぐモデルに応募してくださいね。

無駄のない育児用品の選び方

初めて育児用品を購入するときは、どこで買えばよいのかどんなものを選べばよいのか、初めて出産育児を経験するママは、選び方で悩むことがあると思います。育児グッズは子供の成長に合わせて変わっていくため、使用する期間が短かいので、出来るだけ予算を少なめに抑えたいです。

無駄なものを買わないように必要な育児用品だけを選べるよう、ここでは育児用品の選び方の注意点やポイントについて説明していきますね。

スポンサーリンク


育児用品が購入できる場所とは!?

赤すぐネットの育児用品

育児用品は、西松屋や赤ちゃん本舗、スーパーなどの育児用品売り場で購入することができます。おもちゃなどはトイザらスで購入ができます。もちろん、インターネットの通信販売からも購入はできます。

お腹が大きい時期や産後の外出ができないとき、ネット通販を利用しているというママ達も多いようですね。

赤すぐネット通販でも育児用品は購入できます!赤すぐでは、産前産後のママ用品や妊娠出産準備グッズ、マタニティウェア、そして育児用品やベビーウェア、子供服などすべてが揃います。

そして、ママ達の声を参考にして厳選した育児用品や、赤ちゃんの夜泣きや肌トラブル、お出かけなどなど、それぞれのシーンにあった育児用品を探すことができます。

初心者ママにも探しやすいように、子供の成長に合わせて必要な育児用品を紹介してくれているので、とても使いやすい通販サイトだと思います。

赤すぐネットのよいところは、ウェアから育児用品、おもちゃなどのすべてが購入できるので、ポイントを貯めやすいというところです。

赤すぐネット通販では、リクルートポイントを貯めることができます。「ジャランネット」「ホットペッパービューティー」「ポンパレ」「ホットペッパーグルメ」「ごちまる」「ファンカート」などのサイトでポイントが利用できるので、それも赤すぐのいいところだと思います。

赤すぐの通販ショップで育児用品を揃えてみても良いかもしれませんね♪

離乳食進め方!赤すぐネットの通販で準備を始めよう!

離乳食の食器セット

離乳は子供の様子をみながら、調理の仕方、食事の回数や食事の量などを徐々に進めていく必要があります。

焦らずに子供の成長に合わせてゆっくり進めることが大切です。

赤すぐ通販では、初めて離乳食作りをするママの手間がはぶけるような、便利な調理器を販売しています。

上手に離乳食グッズなどを活用して、子供の様子をみながら離乳食を始めていきましょう。

離乳とは

赤ちゃんが、母乳以外の食べ物を徐々に食べれるようになって、母乳から離れていくことを離乳といいます。
生まれたばかりの赤ちゃんは、母乳だけで栄養が摂取できますが、赤ちゃんが成長するにつれてぼにゅうだけでは栄養が不足していきます。

現代の市販されているミルクには、母乳に不足している栄養素も補われ、ミルクの量を調節することで、ミルクだけでも赤ちゃんが成長できるようにつくられているため、離乳を昔ほどあわてて始める必要はありません。

けれど、離乳を始めることで赤ちゃんが食べ物を食べるために、舌や顎を動かして噛んだり飲み込んだりすることを覚えるため、赤ちゃんの成長を発達させます。

また、赤ちゃんは言葉をしゃべる準備段階でもあり、食べ物を口にすることで味覚が発達し、母乳以外の食べ物があることを覚えるため離乳が必要なのです。

離乳食を始める時期

離乳食を開始する時期は、生後5ヶ月頃を目安にスタートし、赤ちゃんの発達が順調であれば離乳食を始めます。

この頃の赤ちゃんは、何にでも少しづつ興味をもちはじめ、パパやママが食べているものに反応します。赤ちゃんが食べ物に興味を持ち始めたら、離乳のスタート時期です。

アメリカなどでは、2、3ヶ月頃から離乳食を始めることもあるようですが、まだ発達が未熟な赤ちゃんには消化ができず、アレルギーも起こりやすくなります。

また、離乳食が遅すぎるとそしゃく能力が発達しませんので、遅くても7ヶ月くらいまでは離乳を開始するようにしましょう。

そしゃくとは?
そしゃくとは噛むことで、赤ちゃんの発達において、離乳食を始める上でそしゃく能力はとても大切なことなのです。赤ちゃんの成長とともに、そしゃくの能力も徐々に発達しますので、それに適した離乳食が必要です。

赤ちゃんの成長にあわせた離乳食

 初期:5~6ヶ月の赤ちゃん
口をとじて飲むことを覚えさせるため、スプーンなどをつかって飲むことを教えます。これができるようになれば、ドロドロ状のものを次第に与えます。

 中期:7~8ヶ月の赤ちゃん
食べ物を、舌でつぶすことができるようになります。この頃の赤ちゃんには、舌でつぶせる固さの離乳食を与えます。

 後期:9~11ヶ月の赤ちゃん
後期にもなるとそしゃく能力も成長し舌の動きも発達します。歯ぐきで食べ物を噛んで飲み込むことができるので、歯ぐきでつぶせる固さの離乳食を与えます。